札幌市で女医が担当する皮膚科・美容皮膚科。アトピー、シミ、ニキビ、脱毛、レーザー治療、メディカルエステは当院へ
by sumikawabiyouhifu
カテゴリ
全体
ドクターズコスメ(札幌)
オバジ ゼオスキンヘルス札幌
医師紹介(札幌・皮膚科)
採用情報(札幌・皮膚科)
ニキビ(札幌・皮膚科)
脱毛(札幌・皮膚科)
シミ(札幌・皮膚科)
毛穴(札幌・皮膚科)
イボ・ほくろ(札幌・皮膚科)
フォトフェイシャル(札幌)
Qスイッチレーザー シミ(札幌)
肝斑レーザートーニング・札幌
ケミカルピーリング(札幌)
ボトックス(札幌・美容皮膚科)
ヒアルロン酸(札幌・皮膚科)
プラセンタ(札幌)
ピアッシング(札幌)
アトピー(札幌・皮膚科)
アレルギー(札幌・皮膚科)
栄養療法 (札幌)
漢方治療 札幌・皮膚科
お知らせ(札幌・皮膚科)
クリニックの出来事(札幌)
皮膚のトラブル解決法(札幌)
美肌入門(札幌・皮膚科)
ドクター&スタッフ日記(札幌)
スタッフ日記(札幌・食べログ)
スタッフ日記(札幌・猫ブログ)
アクセス・お問い合わせ(札幌)
すべてのページはここから
うす毛・抜け毛(札幌・皮膚科)
サプリメント
シワ・たるみ 札幌 皮膚科
スタッフ紹介・札幌美容皮膚科
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
アトピーの原因は2つあります
アトピーといえばアレルギーと思う方は多いのではないでしょうか?

アレルギーの病気で食べ物やダニが原因と思っている方が多いのですが、アレルギーだけが原因ではありません。

アトピーは①遺伝的な体質②環境の影響の2つが関係しています。

①遺伝的な体質:アレルギー体質+敏感肌(アトピックスキン)

皮膚の保湿作用や外の刺激から守るバリア機能の働きをする「セラミド」という脂質が減少しています。そのため皮膚が乾燥しバリア機能が低下して、いわゆるアトピックスキンとよばれる敏感肌になっています。

②環境の影響:アレルギー的な要因と非アレルギー的(アレルギーではない)要因があります。

アレルギー的な要因:ダニ、ホコリ、食べ物、ペットなど
非アレルギー的な要因:汗、ストレス、気候など

f0215297_22398.jpg
僕もアレルギーの原因??


すべてのアトピー性皮膚炎の患者さんに共通しているのは“アトピックスキン”といわれる敏感肌
の状態がある、
ということです。

もともと敏感肌の状態があるところに、環境の影響でアレルギー的な要因(ダニ、ホコリ)や非アレルギー的要因(汗など)の刺激が加わってかゆみや湿疹ができてしまいます。

アレルギー体質については強く関係している人とそうではない人がいます。環境の影響についても、アレルギー的な要因が強く関係している人と非アレルギー的な要因の方が関係している人がいます。アレルギーが関係しているかどうかは、血液検査やパッチテストなどの検査所見もひとつの目安になります。

アトピーというとアレルギーが原因で、原因のアレルギーをみつければ、それでよくなる、と考える方は多いのですが、アレルギーは原因というより悪化因子(アトピーを悪化させる要因)と考えた方がよいかもしれません。重要なのは、アトピーの人は体質的に皮膚が乾燥しやすく皮膚のバリア機能が低下しているために、アレルギー、非アレルギーにかかわらず、外からの様々な刺激により皮膚のかゆみ、赤みが起きやすいということです。



治療のポイント
①皮膚のバリア機能を回復させます
皮膚に湿疹ができて赤くなったり、じくじくしているところは皮膚のバリア機能がこわれています。炎症を起こしているところはステロイドの塗り薬を使います。一見赤くなく正常に見えるところも乾燥し、敏感で刺激を受けやすい状態になっているので、全身に保湿クリームを塗る必要があります。ステロイドはこわい、と考える方は多いようです。患者さんの心配で多いのは「ステロイドは1度使うとやめられなくなる」、「ステロイドを使うと皮膚が黒くなる」ということです。
ステロイドは正しく使えば症状が改善し、少しずつ使用量を減らしたり、時間はかかりますがやめることもできます。ここで重要なのは医師の指示どおりに正しく使う、ということです。ステロイドについては、また後日お話ししようと思います。

②悪化の原因を考えます
アレルギーが強く関係しているのか、それともアレルギー以外の原因が関係しているのか問診で生活環境を聞いたり、必要に応じてアレルギーの検査をします。
アレルギー的な要因では、卵、牛乳、小麦などの食べ物が関係しているのは子供に多く、大人になるとダニ、ホコリが関係している場合が多い傾向があります。アレルギー以外ではストレスが関係している場合もあります。
原因がわかった場合は、できる範囲で原因をさけるようにしますが、ストレスなど、完全に原因を取り除くのが難しい場合もあります。


皮膚のバリア機能が低下している、ということに気がついていない方が多いように思います。アレルギーが関係していて、原因となっているアレルギー物質を取り除いたとしても、皮膚のバリア機能は正常ではありません。
肌の調子がよくても、保湿はしっかりしましょう。ちょっとした刺激で肌荒れを起こしやすいので体の洗い方や拭き方に注意が必要です。肌に直接触れる下着も木綿など、肌に刺激のないものを選びましょう。

f0215297_12341545.jpg

アトピー性皮膚炎の方へのおすすめの本
アトピー性皮膚炎の病態や治療についてわかりやすく書かれています。

右:おとなのアトピー  江藤隆文(小学館)
左:専門医がやさしく語るアトピー性皮膚炎 決定版 日本皮膚科学会/竹原和彦(暮らしの手帳社)
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-03-24 21:15 | アトピー(札幌・皮膚科)
皮膚科医のスキンケア
皮膚科の先生はどんなスキンケアをしているのか?

特別なスキンケアをしているのではないか?

と考える方もいるかもしれません。

特別かどうかわかりませんが、私のスキンケアはマニアック?かもしれません。
私が普段使っている化粧品はご覧のとおりです。

f0215297_1553083.jpg


たくさんありますね。全部使っているわけではなくて、これから使う予定の未開封のものもありますが。

それにしても多いですね。



でも洗顔後につけるのは化粧水、美容液、クリームor日焼け止めくらいです。顔だけでなく、首までケアするようにしています。

これだけある中から、その日の肌の状態に応じて使い分けたり、オイリーになりがちなTゾーンと乾燥しやすい頬の部分で使い分けたりしています。
普段からスキンケアに気を使っているのであまり気づかれることはないのですが、実は私自身アレルギー
体質でアトピー肌なので、油断するとすぐに肌が荒れてしまいます

乾燥しそうな時は保湿効果の高い化粧水やクリームを使ったり、毛穴がつまってきたな、と思ったらピーリング効果のある洗顔フォームにしたり、肌が荒れている部分があったらすぐに薬を塗って治します。

普通はここまでする必要はないかと思いますが、こんな具合なので、趣味はスキンケアといってもいいくらいです。
スキンケアや化粧品にすごく興味があって、仕事柄、化粧品の情報はいち早く手に入るので、新しいものはどんどん試します。
そして良いと思ったものを患者さんに紹介するようにしています

たくさんのスキンケア化粧品を使ってきましたが、市販の化粧品はほとんど使ったことはありません

私が使うのはクリニック向けの化粧品です。
クリニック向けの化粧品とは、クリニックでしか取り扱うことができない化粧品で、敏感肌の患者さんでも安心して使える低刺激性の化粧品と美容治療の補助として使える高機能の化粧品があります
最近では低刺激かつ高機能という化粧品もありますね。

ファンデーションはミネラルファンデーションというものを使っています。



新潟の皮膚科クリニックの女医さんが開発したもので、下地として「ミネラルプライマー」、ファンデーションとして「ミネラルファンデーション」、仕上げに「ミネラルフィニッシングパウダー」の順で使います。
成分は天然ミネラル100%で肌に負担のないもので、普通のメイクと違うのは、全部パウダーでできている、ということです。

リキッドファンデーションに慣れている人は物足りなさを感じるかもしれませんが、パウダーを少量づつ重ねることできちんとカバーできるのと、つけ心地が軽くて肌になじんで崩れにくいので、気に入って使っています。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-03-19 20:23 | 美肌入門(札幌・皮膚科)
洗顔のお話
初めまして、今回はスキンケアアドバイザーから洗顔についてご紹介いたしますねっ。

これから、美容に関しての記事をみなさんにブログを通じてご紹介していきたいと思っております☆
少しでもお役に立てたら、嬉しくおもいます。



みなさんは、毎日どのように洗顔していますか???

洗顔は毎日のお肌のお手入れの中でも、とっても大切なものです。
化粧水や美容液などの基礎化粧品の効果を得るためには洗顔を正しく行う必要があります。


洗顔は美しい肌への第一歩なのですよ・・・☆



Step1: 手をきれいに洗いましょう

       手の油分や汚れは泡立ちの妨げになってしまいますので、
       まずは手から清潔にしていきましょう



Step2: 洗顔料をしっかり泡立てましょう

       泡立てネットを使いましょう。 


泡立てネットの使用により、キメの細かい弾力のある泡を沢山作ることができます。

       泡立てるコツは空気をたくさん含ませることです。
                

       泡はキメが細かいほどよく汚れを落とし、皮膚への摩擦も軽減できます。



Step3: やさしく洗いましょう
       
泡で肌を包み込むように皮脂の多いTゾーン(額→鼻→あご)から優しく丁寧に洗います。
       強くこすらずに泡をクッションのようにして撫でるように洗います。
軽すぎると思うくらいでも十分泡に汚れが吸着しますので汚れは落ちているのでご安心を…❤
       

       洗うポイントとしては、
モコモコに泡立てられた泡で、直接肌に手が触れないくらいの強さが目安です。



Step4: ぬるま湯で十分洗い流しましょう

       洗顔料が残らないよう、ぬるま湯でしっかりとすすぎます。
       特に、髪の毛の生え際やあご周りなどはすすぎ残しをしやすく、お肌のトラブルの原因にもなりますので
十分すすぎましょう。この時も決して肌をこすらないようにしてくださいね。



Step5: やさしく水気を拭き取りましょう
  
       タオルで顔を拭くときもこすらずに上から押さえるようにして水分をとります。



☆☆☆☆☆以上、洗顔指導をさせていただきました☆☆☆☆☆


是非、今日から試してみてはいかがですか?
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-03-15 18:30 | 皮膚のトラブル解決法(札幌)
フォトセラピー
IPL(Intense Pulsed Light)という光を照射し、様々な皮膚トラブルを改善させる治療です。
IPLとは広帯域の強力な可視光線を発振するフラッシュランプによる治療をいいます。
f0215297_1952741.jpg

【効果・作用】
・メラニン、ヘモグロビンに反応し、シミや赤みを改善する作用(肌の色ムラを改善する)
・表皮のターンオーバーを促進させる→シミのもとになるメラニンを排出する、肌のキメを改善する作用、美白作用
・真皮の上層に熱を与えて、コラーゲン増生を促し、肌のハリを改善する作用
・皮脂腺を変性しニキビの原因菌であるP.Acnesを障害することで、ニキビやニキビの炎症による赤みを改善する

適応症状:シミ、くすみ、赤み、毛細血管拡張、毛穴、肌の弾力低下(ハリのなさ、小じわ)、ニキビ

治療方法は?
①洗顔し、汚れや化粧を落とします。
②IPLを照射する部位にジェルを塗り、照射します。照射中はまぶしさと多少の痛みが感じられます。
f0215297_2220893.jpg
③照射が終了したら残ったジェルを拭き取り、ビタミンCパックまたはイオン導入を行います。
f0215297_22213120.jpg
治療後、化粧や洗顔は通常通りに可能です。

治療間隔・回数は?
3~4週間に1回の間隔で、5回程度を目安に行います。(治療間隔や回数は肌の状態によって異なります。)

フォトセラピー治療中のスキンケア・注意点
①治療直後はシミの部分に一時的にカサブタができることがあります。カサブタは1週間程度で自然にはがれますので、無理にはがさないようにして下さい。はがれるまでの間はUVカット効果のあるコンシーラーでカバーします。
②日焼け止めを使い紫外線対策をしっかりと行って下さい。旅行、海水浴、スキー、ゴルフなどで強い日焼けをしないように注意して下さい。
③治療効果を高めるため、美白剤などの外用薬を併用します。

フォトセラピーを受けると、治療後肌にハリが出てくるのがわかります。シミの部分はマイクロクラストといわれる細かいカサブタができて一時的に濃くなるように見えることがありますが、このカサブタがはがれるとシミがうすくなってきます。シミの治療が目的の方も、シミだけでなく肌のキメが整いハリが出るなど、全体の美肌効果が期待できるのがこの治療の良いところだと思います。年齢とともに肌の弾力(ハリ)がなくなることで目立つ、いわゆるたるみ毛穴もフォトセラピーにより目立たなくなってきます。

※治療効果・反応には個人差があります。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-03-15 16:04 | シミ(札幌・皮膚科)
ケミカルピーリング    (札幌・皮膚科)
皮膚にAHA、BHAなどの薬剤を塗り、その作用によって角質層に蓄積された古くなった角質を取り除きます。角質を取り除くことで皮膚の再生を促し、ニキビ・くすみ・しみ・小じわなどの改善が期待できます。当院ではサリチル酸、乳酸によるケミカルピーリングを行っています。

サリチル酸:皮膚の角質層のみに作用し、古い角質をしっかり除去します。毛穴が気になる方におすすめです。
乳酸:美白効果、保湿効果が高いピーリング剤です。
治療目的や肌質によってピーリング剤を選びます。

適応症状:ニキビ、くすみ、小じわ、シミなど。
小じわ、シミについては症状に応じて内服薬や外用薬、イオン導入、フォトセラピーなど他の治療と併用します。

どのように治療するのですか?

①洗顔し汚れや化粧を落とします。
②サリチル酸または乳酸を数分間塗布します。
この時少しピリピリすることがあります。ほとんどの場合はすぐおさまりますが、ピリピリ感が強い場合は早めに薬剤の中和、ふき取りをします。
f0215297_220873.jpg

③(乳酸の場合は中和し)薬剤をふき取ります。
f0215297_2203497.jpg

④その後、約5分間冷やしたフェイスマスクで冷却します。
f0215297_2204868.jpg

⑤ビタミンパックまたは イオン導入を行い終了です。
f0215297_2211936.jpg

終了後は、通常どおり化粧が可能です。パウダールームをお使いください。

治療間隔・回数は?
•2~4週間に1回くらいの間隔で4~6回を目安に行います。
•治療間隔や回数は治療目的や肌の状態によって異なります。

ケミカルピーリング治療中のスキンケア・注意点
•ケミカルピーリングを受ける2~3日前から顔剃りなどは控えて下さい。
•治療期間中は、スクラブ入り洗浄剤やはがすタイプのパックの使用は避けて下さい。
•ケミカルピーリング後の肌は角層が薄くなっています。肌が乾燥する場合はしっかりと保湿をし、日光を避け日焼け止めを必ず使いましょう。
•ケミカルピーリング後はビタミンCなどの美容成分が浸透しやすい状態になっています。APPSローションを併用すると、美白効果、コラーゲン合成作用による小じわ改善、毛穴引き締め効果を高めることができます。

072.gif敏感肌の方のために
肌が敏感でケミカルピーリングのピリピリ感が苦手な方のための角質ケアとして、蛋白分解酵素のパックでマイルドに古くなった角質を取り除く方法があります。イオン導入のオプションメニューやビタミンC・フラーレンコースとしてご用意しています。

ケミカルピーリングを行うと、古い角質が取り除かれるので肌がなめらかになり、くすみが取れます。加齢とともに古い角質が堆積することで肌の黄ばみが出てくる方がいますが、ピーリングを続けるとほとんどの方が黄ばみが取れて色が白くなってきますね。ニキビや毛穴にも効果が高く治療を続けることで毛穴が目立たなくなってきます。特に皮脂や角質が詰まって酸化しているタイプの毛穴に効果があります。

※治療効果には個人差があります。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-03-15 15:52 | ケミカルピーリング(札幌)
ケミカルピーリング
皮膚にAHA、BHAなどの薬剤を塗り、その作用によって角質層に蓄積された古くなった角質を取り除きます。角質を取り除くことで皮膚の再生を促し、ニキビ・くすみ・しみ・小じわなどの改善が期待できます。当院ではサリチル酸、乳酸によるケミカルピーリングを行っています。

サリチル酸:皮膚の角質層のみに作用し、古い角質をしっかり除去します。毛穴が気になる方におすすめです。
乳酸:美白効果、保湿効果が高いピーリング剤です。
治療目的や肌質によってピーリング剤を選びます。

適応症状:ニキビ、くすみ、小じわ、シミなど。
小じわ、シミについては症状に応じて内服薬や外用薬、イオン導入、フォトセラピーなど他の治療と併用します。

どのように治療するのですか?

①洗顔し汚れや化粧を落とします。
②サリチル酸または乳酸を数分間塗布します。
この時少しピリピリすることがあります。ほとんどの場合はすぐおさまりますが、ピリピリ感が強い場合は早めに薬剤の中和、ふき取りをします。
f0215297_220873.jpg

③(乳酸の場合は中和し)薬剤をふき取ります。
f0215297_2203497.jpg

④その後、約5分間冷やしたフェイスマスクで冷却します。
f0215297_2204868.jpg

⑤ビタミンパックまたは イオン導入を行い終了です。
f0215297_2211936.jpg

終了後は、通常どおり化粧が可能です。パウダールームをお使いください。

治療間隔・回数は?
•2~4週間に1回くらいの間隔で4~6回を目安に行います。
•治療間隔や回数は治療目的や肌の状態によって異なります。

ケミカルピーリング治療中のスキンケア・注意点
•ケミカルピーリングを受ける2~3日前から顔剃りなどは控えて下さい。
•治療期間中は、スクラブ入り洗浄剤やはがすタイプのパックの使用は避けて下さい。
•ケミカルピーリング後の肌は角層が薄くなっています。肌が乾燥する場合はしっかりと保湿をし、日光を避け日焼け止めを必ず使いましょう。
•ケミカルピーリング後はビタミンCなどの美容成分が浸透しやすい状態になっています。APPSローションを併用すると、美白効果、コラーゲン合成作用による小じわ改善、毛穴引き締め効果を高めることができます。

072.gif敏感肌の方のために
肌が敏感でケミカルピーリングのピリピリ感が苦手な方のための角質ケアとして、蛋白分解酵素のパックでマイルドに古くなった角質を取り除く方法があります。イオン導入のオプションメニューやビタミンC・フラーレンコースとしてご用意しています。

ケミカルピーリングを行うと、古い角質が取り除かれるので肌がなめらかになり、くすみが取れます。加齢とともに古い角質が堆積することで肌の黄ばみが出てくる方がいますが、ピーリングを続けるとほとんどの方が黄ばみが取れて色が白くなってきますね。ニキビや毛穴にも効果が高く治療を続けることで毛穴が目立たなくなってきます。特に皮脂や角質が詰まって酸化しているタイプの毛穴に効果があります。

※治療効果には個人差があります。










札幌市 小笠原クリニック澄川診療所皮膚科はケミカルピーリングを行っています。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-03-08 07:30 | シミ(札幌・皮膚科)
イオン導入・超音波導入、ビタミンC・フラーレンパック
肌に必要な美容成分を与える方法として、イオン導入、超音波導入、ビタミンC・フラーレンパック、を取り入れています。シミ、くすみ、小じわ、ニキビなどの肌トラブルの予防・改善に必要なビタミンや肝斑というシミに有効なトラネキサム酸、アトピー・乾燥など敏感肌の方に必要な保湿成分の導入を行っています。

072.gifイオン導入
微弱な電流を用いて外用するだけでは浸透しにくい物質(ビタミン類、トラネキサム酸など)をイオン化して皮膚へ効果的に浸透させる治療です。美白、保湿効果の他に、アトピー性皮膚炎などの皮膚の炎症症状を鎮静させる働きがあるといわれています。

適応症状・効果
肝斑コース:肝斑、炎症後色素沈着、くすみ、肌荒れの改善、シミの予防
ビタミン導入コース
①プライマリーコース:くすみ、肌荒れ改善、シミ・しわの予防・改善
②ベーシックコース、インテンシブコース:くすみ、シミ、ニキビ、小じわ・たるみの改善・予防
保湿コース:アトピー、慢性湿疹による肌荒れの改善

≪治療の流れ≫
①洗顔し汚れや化粧を落とします。 施術前に貴金属類はすべてはずします。
②角質ケアをし、導入する成分の浸透を高めるためスチーマーであたため血行をよくします。
③イオン導入する成分(ビタミンなど)を塗布し、水分を含んだマスクをのせて密着させます。
④微弱な電流を流してイオン導入をします。
f0215297_21552681.jpg

イオン導入にかかる時間は30分程度です。

072.gifイオン・超音波導入:スペシャルビタミン導入コース
イオン導入と同時に超音波導入を行うと、超音波の物理的な振動を与えることで、イオン化できない分子や大きい分子も皮膚に浸透させることができます。また、超音波のもつ温熱作用・マッサージ作用により、肌の引き締め効果が得られます。

適応症状:シミ、ニキビ、小じわ、たるみの改善・予防

≪治療の流れ≫
①洗顔し汚れや化粧を落とします。施術前に貴金属類はすべてはずします。
②角質ケアをし、スチーマーであたためます。
③イオン・超音波導入する成分(ビタミン)を塗布し、プローブを皮膚にあててゆっくりと動かしながら導入します。
④続いてイオン導入する成分を塗布し、水分を含んだマスクをのせて密着させます。
⑤アルジネートマスクで覆い、微弱な電流を流してイオン導入します。
f0215297_2158162.jpg


スペシャルビタミン導入コースにかかる時間は約60分程度です。

イオン導入、超音波導入ともに痛みなどはほとんどなく、リラックスして受けることができます。1回で効果を実感される方もいますが、何回か続けることで肌の状態が変わってきます。定期的に施術を受けることで、肌に必要なビタミンなどを取り入れてトラブルのない肌へ改善していきます。

072.gifビタミンC・フラーレンパック
従来のビタミンCより肌に浸透しやすい高浸透型リン酸型ビタミンC誘導体であるAPPSと、ビタミンCと同様に抗酸化作用があるフラーレンという物質が含まれたパックです。美白効果が高いこと、炎症のあるニキビに効果的なことが特徴です。

※治療効果には個人差があります












札幌市 小笠原クリニック澄川診療所皮膚科はイオン導入などメディカルエステメニューを
ご用意しています。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-03-08 07:29 | シミ(札幌・皮膚科)
脱毛                     (札幌・皮膚科)
光(IPL)脱毛の照射により多毛部位の脱毛治療をします。当院では脱毛に効果的と検証されている波長の光(770-1100nm)を幅広く発振する事が可能なフラッシュランプ治療器による医療脱毛を行っています。

【方法】
・初診時、脱毛する部位の皮膚に異常がないか確認し、テスト照射を行って出力を設定します。
・テスト照射後に全体の照射を開始します。痛みはゴムではじかれたような瞬間的な痛みです。
・治療の前日または当日に脱毛部位を剃毛してから来院して下さい。
f0215297_22331439.jpg

【治療間隔・回数】
・効果的な脱毛には6~8週おきに5回程度の治療を繰り返すことをお勧めします(治療部位によって最適な間隔は異なります)。

【効果について】
・平均的には3~5回の治療で8~9割の脱毛効果が得られますが、部位や毛質による差があります。
・うぶ毛は太い毛に比べて治療効果が劣ります。また、細い毛はまれに治療によって一時的に太くなる反応をすることがありますが通常は治療を継続すると脱毛されます。

治療前後の注意点
・毛抜きや脱色を使用していると治療効果が不十分になりますので治療期間中の自己処理はかみそりのみにしてください。
・アレルギー体質(かぶれ易い、アトピー体質、ケロイド体質等)や、過去に皮膚に対する診断、自覚症状のある方は治療前に必ずお申し出下さい。
・日焼けをしていても照射できますが、過度の日焼けの場合は治療を延期していただくことがあります。
・しみ、ほくろのある部位は治療をさけることがあります。また、かみそりまけなどによる色素沈着が強い場合は治療前に色素沈着をとる外用剤を使用していただくことがあります。
・治療直後は、軽い赤みやひりひりした感じがのこることがあります。必要に応じて抗炎症の外用剤を処方しますので、症状のある間は一日1~2回ご使用ください。
・まれに水ぶくれなどのやけど症状がでることや、1週間くらいしてからかゆみがでることがあります。その場合には必ずご連絡ください。

光(IPL)脱毛は 単波長レーザーと異なり、脱毛に効果的な波長の光(770-1100nm)を幅広く発振する事が可能なフラッシュランプ治療器であるため、
①肌色や毛質に合わせて設定を変更でき、より安全な治療ができる
②レーザーより照射面積が広いので短時間で治療ができる
表皮を守るための優れた冷却装置がついており安全な治療が可能で治療中の痛みを軽減できる
といったメリットがあります。また、美白・美肌効果がありくすみやざらつきが改善し、肌色が明るくなります。(※美肌効果には個人差があります)

医療機関以外での脱毛は効果が出るまでに時間がかかったり、効果が不十分な場合があります。また火傷などのトラブルが起きた場合にすみやかに医学的処置を行うことができません。
安全のためにも脱毛は医療機関で受けられることをおすすめします。

















札幌市 小笠原クリニック澄川診療所皮膚科は脱毛を行っている皮膚科です。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-03-08 07:27 | シミ(札幌・皮膚科)
プラセンタ療法
胎盤(プラセンタ)から抽出された有効成分を注射などにより治療に用いることをプラセンタ療法といいます。
ラエンネックはヒトプラセンタから様々な有効成分を抽出、精製した注射薬で30年余り前から各種肝臓疾患の治療薬として用いられています。プラセンタとは母親の胎内で胎児と母体をつなぎ、胎児を育む臓器で、胎児の発育に必要不可欠な細胞増殖因子ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。
プラセンタは非常に歴史が長く、クレオパトラや楊貴妃、フランスの王妃マリーアントワネットが若返りや美容のために利用していたといわれています。
f0215297_20305322.jpg

≪プラセンタの効果・作用≫
美白・美肌:コラーゲンやエラスチンの産生を促すので、小じわを解消し肌のキメを整えます。皮膚のメラニン色素の過剰産生を阻止したり、メラニンの排泄を高める作用、新陳代謝の促進、老廃物除去作用により、美白効果があります。
アンチエイジング:老化の原因となる活性酸素を除去する作用があります。
細胞機能の活性化:細胞ひとつ一つの新陳代謝や組織呼吸をたかめます。
血流改善:血液の流れをスムーズにし、冷え性や肩こりに効果があります。
疲労回復:各種アミノ酸、ミネラル、酵素、核酸などの有効成分の働きで、疲労倦怠感を改善します。
肝細胞の再生・増殖:ウイルスやアルコールで変性した肝臓細胞を修復します。
更年期障害:ホルモンバランスの乱れを整え、自律神経調整作用があり、のぼせ、めまい、不眠、イライラなど女性の様々な症状を改善します。生理痛、生理不順にも効果があります。

他にも免疫・抵抗力を高める作用など様々な薬理作用を持っています。皮膚科領域では、シミ、肌荒れ、乾燥肌、慢性湿疹・皮膚炎、アトピー性皮膚炎、苔癬、じんましんなどに効果があるといわれています。

≪治療間隔・回数≫
美肌・アンチエイジング目的では週に1~2回、1~3ヶ月間がひとつの目安です。
治療を継続することで美肌効果が現れます。
治療間隔や回数は相談して決めます。

≪注意点≫
①まれに注射部位の疼痛・硬結、Ⅰ型アレルギーによる過敏症(発疹、発熱、掻痒感など)がみられることがあります。気になる症状がみられた場合はすぐに受診して下さい。
②自律神経・中枢神経の緊張やストレスを緩める作用があり、注射している最中やし終えた後に眠たくなったり、免疫能が高まるとだるさ・倦怠感を感じることがあります。だるさや倦怠感は2~3日持続することがありますが、その後は消失することがほとんどです。
③内分泌調整作用があるので、ホルモン剤による治療を受けられている方には投与できません。(投与中のホルモン剤の効果を減弱する可能性があるため)

≪ウイルスや細菌感染に対する安全性≫
ウイルスや細菌が製品に混入しないよう次のような汚染防止対策が行われています。
①原料提供者について医師によるウイルス等感染症のスクリーニングを実施。
②受入試験でB型肝炎、C型肝炎及びエイズ(後天性免疫不全症候群)のウイルス検査に適合した原料を使用。
③製造工程では、科学的に証明された種々のウイルス不活化処理を実施。
④最終製品についてB型肝炎、C型肝炎、エイズに加え成人T細胞白血病およびリンゴ病のウイルス検査を実施してウイルス等が陰性化していることを確認。
ラエンネックを含めヒト胎盤を原料として製造される医薬品の投与により、感染症が伝播したとの報告は現在まで国内・海外ともにありません。しかし変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)等の伝播のリスクを理論的に完全に否定することはできません。このことからラエンネックを使用した方は、現在のところ献血を控えることが求められています。

※治療効果や反応には個人差があります
f0215297_20314522.jpg















札幌市 小笠原クリニック澄川診療所皮膚科はプラセンタ療法を行っている皮膚科です。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-03-07 20:13 | シミ(札幌・皮膚科)
ニキビは自由診療でも
引き続きニキビ治療のお話です。ニキビ治療には保険適応外の治療法もあります。

自由診療でニキビに有効な治療法として

1. ケミカルピーリング
2. トレチノイン外用
3. ビタミンCの外用、パック、イオン導入
4. IPL(光治療)

などがあります。


1.ケミカルピーリング
f0215297_193342.jpg

皮膚にサリチル酸、乳酸、グリコール酸などの薬剤を塗り、その作用によって角質層に蓄積された古くなった角質を取り除く治療です。皮膚の再生を促し、毛穴のつまりを取り除くので、ニキビには高い効果が認められています。
ニキビの改善効果の他にくすみがとれるといった美白効果や肌のキメが整いツヤが出るといった美肌効果もあります。


2.トレチノイン外用
ビタミンAの誘導体で、角質をはがして毛穴のつまりを改善します。
皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えることで、ニキビを改善します。コラーゲン合成作用によりニキビあとにもある程度効果がみられることがあります。


3.ビタミンCの外用、パック、イオン導入
ビタミンCには皮脂の分泌抑制、抗酸化作用があり、ニキビを改善する作用があります。当院ではアクネコースとしてビタミンC・フラーレンパックによる治療を行っています。
f0215297_1934352.jpg

イオン導入は微弱な電流を用いてビタミンCなどをイオン化して皮膚へ効果的に浸透させる治療です。保険診療のディフェリン外用や抗菌薬の内服・外用と併用したり、ケミカルピーリングやトレチノイン外用と組み合わせて行うことができます。
ニキビが治った後の炎症後色素沈着にも効果があります。


4.IPL(光治療)
IPLとは広帯域の強力な可視光線を発振するフラッシュランプによる治療をいいます。皮脂腺を変性しニキビの原因菌であるP.Acnesを障害することで、ニキビやニキビの炎症による赤みを改善させるといわれています。
*IPL(光治療)は近日中に当院で開始する予定です。

保険診療、自由診療ともにニキビにはいろいろな治療法があります。ただ、ニキビは症状の程度によって、改善するのに時間がかかる場合もあります。
不規則な生活をしていたり、ストレスがあったりすると治りにくいこともありますが、あきらめないで、正しいスキンケアといろいろな治療法を組み合わせることで、根気よくニキビを治していきましょう。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-03-03 19:30 | ニキビ(札幌・皮膚科)