札幌市で女医が担当する皮膚科・美容皮膚科。アトピー、シミ、ニキビ、脱毛、レーザー治療、メディカルエステは当院へ
by sumikawabiyouhifu
カテゴリ
全体
ドクターズコスメ(札幌)
オバジ ゼオスキンヘルス札幌
医師紹介(札幌・皮膚科)
採用情報(札幌・皮膚科)
ニキビ(札幌・皮膚科)
脱毛(札幌・皮膚科)
シミ(札幌・皮膚科)
毛穴(札幌・皮膚科)
イボ・ほくろ(札幌・皮膚科)
フォトフェイシャル(札幌)
Qスイッチレーザー シミ(札幌)
肝斑レーザートーニング・札幌
ケミカルピーリング(札幌)
ボトックス(札幌・美容皮膚科)
ヒアルロン酸(札幌・皮膚科)
プラセンタ(札幌)
ピアッシング(札幌)
アトピー(札幌・皮膚科)
アレルギー(札幌・皮膚科)
栄養療法 (札幌)
漢方治療 札幌・皮膚科
お知らせ(札幌・皮膚科)
クリニックの出来事(札幌)
皮膚のトラブル解決法(札幌)
美肌入門(札幌・皮膚科)
ドクター&スタッフ日記(札幌)
スタッフ日記(札幌・食べログ)
スタッフ日記(札幌・猫ブログ)
アクセス・お問い合わせ(札幌)
すべてのページはここから
うす毛・抜け毛(札幌・皮膚科)
サプリメント
シワ・たるみ 札幌 皮膚科
スタッフ紹介・札幌美容皮膚科
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

看護師募集 見学説明会のお知らせ  札幌 美容皮膚科
小笠原クリニック澄川診療所皮膚科で
看護師を募集します。


当院では、女性の美容と健康をサポートするために
美容皮膚科、スキンケア、アンチエイジングを中心とした診療を行っています。

f0215297_16502359.jpg

【主な診療内容】
・オバジ ゼオスキンヘルス
(当院は、北海道内で取扱い実績がトップです)
・IPL(光治療)、レーザ―治療
・脱毛
・ボトックス
・ヒアルロン酸注入(導入予定)
・栄養療法
・漢方治療
・皮膚アレルギー(遅延型アレルギー検査など)



スタッフみんなで、定期的に勉強会をしたり
新しい美容治療の体験会などを随時行っています。

f0215297_16561028.jpg
f0215297_16534625.jpg


看護師募集にあたり、下記の日程で見学説明会を行います。

見学説明会日程
2015年
1月9日(金)(※終了しました)、1月21日(水)、1月28日(水)、1月30日(金)
2月4日(水)、2月6日(金)、2月13日(金)

→ ※2015年4月まで見学説明会の期間を延長しています。


時間 12:30~14:00の間で30分程度
内容 施設見学、業務内容および勤務条件についての説明


参加希望の方は、
氏名、連絡先電話番号、Eメールアドレス、希望日時(第1~第3希望まで)を明記の上
電話または下記のメールにてお申し込み下さい。
sumikawa-junnai@ogasawara-hp.or.jpまで。
件名に「皮膚科看護師募集 見学説明会参加希望」とご記入下さい。

上記日程で都合が合わない方は、日程を調整致しますので
お知らせ下さい。


新しい職場で仕事をはじめる時
「どんなクリニックなの?」
「先生やスタッフの雰囲気は?」
など、知りたいことがたくさんあると思いますので
当院では、見学説明会を実施しています。

説明会では、様々な質問にお答えしています。

参加される方からは
「美容皮膚科ですが、ノルマはありますか?」
「美容の患者さんは、どのくらいいますか?」
といった質問が多いですね。

当院は、大手の美容系クリニックとは違い
ノルマなどはありません。

美容相談で受診される患者さんには
症状に合った治療方法を提案しますが
患者さん自身がきちんと納得した上で治療を受ける、ということが
一番大事なので、最終的に治療を受けるかどうかを決めるのは患者さんご自身です。

患者さんが理解して判断がしやすいように
治療内容や料金システムについてわかりやすく伝えていくことが
私たちスタッフの役割です。

また、シミ、シワ、ニキビなどの美容的な悩みをはじめ
アトピー、アレルギーなど皮膚のトラブル全般は
日常生活や体の健康状態と密接に関係しています。

きれいな肌を保つためには、正しいスキンケアはもちろん
健康であることが重要で、食事の取り方や睡眠、休息
ストレスマネジメントといったことに配慮する必要があります。

美容と健康をサポートする診療に
興味があり学びたい方を募集しています。



募集要項について、詳しくはこちら
もご覧下さい。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2015-01-09 13:57 | 採用情報(札幌・皮膚科)
<< 遅延型アレルギーと腸内環境 2015年 羊のモンブラン  >>