札幌市で女医が担当する皮膚科・美容皮膚科。アトピー、シミ、ニキビ、脱毛、レーザー治療、メディカルエステは当院へ
by sumikawabiyouhifu
カテゴリ
全体
ドクターズコスメ(札幌)
オバジ ゼオスキンヘルス札幌
医師紹介(札幌・皮膚科)
採用情報(札幌・皮膚科)
ニキビ(札幌・皮膚科)
脱毛(札幌・皮膚科)
シミ(札幌・皮膚科)
毛穴(札幌・皮膚科)
イボ・ほくろ(札幌・皮膚科)
フォトフェイシャル(札幌)
Qスイッチレーザー シミ(札幌)
肝斑レーザートーニング・札幌
ケミカルピーリング(札幌)
ボトックス(札幌・美容皮膚科)
ヒアルロン酸(札幌・皮膚科)
プラセンタ(札幌)
ピアッシング(札幌)
アトピー(札幌・皮膚科)
アレルギー(札幌・皮膚科)
栄養療法 (札幌)
漢方治療 札幌・皮膚科
お知らせ(札幌・皮膚科)
クリニックの出来事(札幌)
皮膚のトラブル解決法(札幌)
美肌入門(札幌・皮膚科)
ドクター&スタッフ日記(札幌)
スタッフ日記(札幌・食べログ)
スタッフ日記(札幌・猫ブログ)
アクセス・お問い合わせ(札幌)
すべてのページはここから
うす毛・抜け毛(札幌・皮膚科)
サプリメント
シワ・たるみ 札幌 皮膚科
スタッフ紹介・札幌美容皮膚科
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

カテゴリ:ニキビ(札幌・皮膚科)( 19 )
ニキビあとの治療        札幌・皮膚科
ニキビあと、気になりますよね。

せっかくニキビが治った、と思ったのに
治ったあとが、ずっと赤かったり
黒ずんでシミになったり
凹んでしまったり・・・。

ニキビ痕は、どうすればきれいになるのでしょう?

まず、ニキビ痕と言っても
いくつかのタイプがあります。

ニキビ痕の種類

ニキビあとの赤み
f0215297_2253712.jpg

ニキビが治った痕が、いつまでも赤い状態のものです。
「ニキビが治らない」とおっしゃる方もいます。

治療方法は、軽症のものではケミカルピーリングやレチノールのイオン・超音波導入で改善します。
赤みが強い場合は、オバジ ゼオスキンヘルスの高濃度レチノールを使ったプログラムや
フォトブライト照射、ロングパルスNd-YAGレーザーが適応となります。

ニキビあとの色素沈着(シミ)

ニキビ痕が黒ずんでシミになった状態です。
f0215297_22535675.jpg

色素沈着には、美白効果のある治療を行います。
ハイドロキノンの外用やケミカルピーリング、レチノールのイオン・超音波導入、
オバジ ゼオスキンヘルスなどで色素沈着をうすくしていきます。
フォトブライトやNd-YAGレーザーの照射も効果があります。

陥凹性瘢痕(クレーター)
f0215297_2142333.jpg

ニキビ痕が、肌が凹んでボコボコ、ブツブツになった状態です。

多少の凹凸であれば
オバジ ゼオスキンヘルスの高濃度レチノールを使うプログラム
フォトブライト+ロングパルスNd-YAGレーザー照射で改善されます。

重度の場合は、治療が難しく
フラクショナルレーザ―やTCAピーリングなど
のダウンタイムがある治療が必要なケースがあります。

アクネケロイド
f0215297_22552088.jpg

ニキビ痕が固く盛り上がった状態になったものです。
ケロイド体質の場合に見られます。
胸や背中にできるケースも多いです。

内服薬やステロイド外用・局注
フォトブライトやロングパルスNd-YAGレーザ―照射を行います。

ケロイドタイプは時間がたつにつれて
治療への反応が悪くなりますので、早めの治療をおすすめします。



ニキビ痕がきれいに治るかどうかは
ニキビ痕がどのタイプなのか、や症状の程度によります。

治療方法についても、赤みや色素沈着にクレーターなど
いくつかのニキビあとが混在している場合が多いので
症状により、治療方法を選択します。

いずれにしても、ニキビ痕は
特にクレータータイプやケロイドタイプは治療に難渋するケースが多いので
あとが残らないように、ニキビは早めに治療すること
予防することが大切です。

痕が残りそうな場合は、早めに治療することで
悪化させずにすむことができる場合も多いので
ニキビやニキビ痕が気になった時は、すぐにご相談下さい。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2014-08-27 17:15 | ニキビ(札幌・皮膚科)
大きいニキビをすぐに治したい! そんな時は面ぽう圧出
札幌 小笠原クリニック澄川診療所皮膚科 美容皮膚科では
ニキビの治療 「面ぽう圧出法」を行っています。

顔にニキビができると気になりますね。

比較的小さい、赤いプツっとしたニキビは
お化粧で多少ごまかせるから、まだ何とかなりますが
(それでもニキビはないにこしたことはないのですが)

大きく膿んだニキビがボコっとできると
それも顔のど真ん中とか目立つところにできると
「ああ~、早く消したいっ」と思う方は多いはず。
f0215297_21441072.jpg

そんな時に、素早く膿んだ大きいニキビを
治すことができるのが
「面ぽう圧出」です。

当院では「炭酸ガスレーザー」を使った
面ぽう圧出法を行っています。
f0215297_21482087.jpg


レーザーによる面ぽう圧出は
レーザの熱作用による毛包内の殺菌効果や
皮脂腺にダメージを与えることでニキビをできにくくする効果
が期待できます。


ニキビは自分でつぶしてしまうとニキビ痕が残りやすくなります。

大きいニキビを「早く治したい」という時は
皮膚科で処置をしてもらいましょう。

ニキビをカバーしながら、治癒を促す
治療用コンシーラーもあります。

大事な予定があり、ニキビを目立たなくさせたい
という時に役立ちます。

不意に目立つニキビができて「困った~」という時は
いつでもご相談下さいね。



・札幌 美容皮膚科 受付・美容コンシェルジュを募集中です。詳しくはこちら
・シワ治療 ボトックスモニターキャンぺーンを実施中。キャンペーン情報はこちら
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2014-04-28 17:54 | ニキビ(札幌・皮膚科)
ニキビ・ニキビあと レーザーピーリング治療症例2
ニキビとニキビあとの治療方法で
レーザーピーリングという方法があります。

レーザーピーリングとレチノールのイオン導入による治療症例

治療前
f0215297_1734359.jpg



治療後(レーザーピーリング5回終了後)
f0215297_17361233.jpg


ニキビあとの赤みがよくなり
肌の凹んだ状態が軽減されています。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2013-12-16 13:13 | ニキビ(札幌・皮膚科)
ニキビ・ニキビあと  レーザーピーリング治療症例
ニキビ・ニキビあとの
レーザーピーリングによる治療症例です。

ニキビや、赤みを伴うニキビあとに
レーザーピーリングが効果的です。


~レーザーピーリングとレチノールのイオン導入による治療症例~

・2週間に1回のペースで、Nd-YAGレーザーによるレーザーピーリングと
レチノールのイオン導入を計5回行いました。

治療前
f0215297_17464733.jpg


治療5回終了後
f0215297_1747142.jpg


強い炎症を伴う膿疱が少なくなり
ニキビあとの赤みや皮膚の凹凸が改善されています。

レーザーピーリングにより、毛穴の詰まりを取り除きます。
表皮から真皮浅層部まで、熱を浸達させ
皮脂腺にダメージを与え、過剰な皮脂分泌を抑制することで
ニキビが改善されます。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2013-12-11 22:04 | ニキビ(札幌・皮膚科)
ニキビの治療 漢方薬
ニキビの治療では、抗生剤やビタミン剤
抗菌剤の外用薬(ダラシンゲル、アクアチムクリームなど)
ディフェリンゲルの外用が基本的な治療となります。
f0215297_9172285.jpg

が、これらの治療でも
「なかなかよくならない」
「症状を繰り返す」
ということで当院を受診される方が多いです。

一般的な治療で改善しない場合
方法は色々あるのですが
そのうちの一つとして
漢方薬を使うことがあります。

ニキビが出る原因は
出やすい体質、というものもあると思いますが

人によって
ストレスだったり
ホルモンバランスの関係だったり
使用している化粧品やスキンケア方法に問題があったり
様々です。

漢方薬は
・ホルモンバランスが関係しているニキビ
・ストレスで体調がすぐれず、そのために治りづらいニキビ
に対して、一定の効果があるように思います。

ニキビの治療で使用する漢方薬でよく使われるものに

十味敗毒湯
清上防風湯
荊芥連翹湯


があります。

これらの処方は、化膿しやすい体質を改善し
ニキビのできはじめである面ぽうや
炎症の伴うニキビに効果があります。


生理前に悪化するタイプのニキビには

当帰芍薬散
桂枝茯苓丸
桂枝茯苓丸加薏苡仁
加味逍遙散


などがあります。

当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遙散は
女性の月経前後の様々な不調や
更年期症状にもよく使われる漢方薬です。

上記以外にも色々な漢方薬がありますが
どの漢方薬を使うかは

ニキビの炎症の程度;面ぽうが多いか、膿ほうが多いか
ニキビの出ている部分;顔全体か、口まわりに多いのか
などのニキビの出かたのパターンや

生理前に悪化しやすいか、冷え症があるか
肩こり、頭痛などの症状の有無
便通の状態など胃腸の調子
などの体調を考慮して決めていきます。


最近のトピックスとしては
十味敗毒湯には、製剤により
桜皮(オウヒ)が含まれているものと
樸ソツ(ボクソツ)が含まれてるものがあり

女性ホルモンのバランスが関係しているニキビに対しては
桜皮(オウヒ)が含まれている十味敗毒湯が
有効であると報告されています。

桜皮(オウヒ)には
皮膚の細胞からのエストロゲン産生を促す作用があり
ニキビが改善します。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり
エストロゲンは、表皮細胞の増殖作用、真皮の膠原線維やヒアルロン酸などの合成、分解に関与し皮膚の厚みや保水力の維持、皮脂の分泌抑制があります。

プロゲステロンは、皮脂の分泌促進作用があり
生理前にプロゲステロンの分泌が増えるため
ニキビが悪化しやすくなります。



ニキビ治療については新しいブログにも記載しています。
札幌 小笠原クリニック澄川美容皮膚科女医のブログ

新しいニキビ治療薬 ベピオ 過酸化ベンゾイルの使い方

ニキビの新治療薬

[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2013-12-07 22:29 | ニキビ(札幌・皮膚科)
ニキビの治療薬 アゼライン酸
ニキビで受診される患者さんはとても多いです。

ニキビには、私自身もかつてずっと悩まされていた経験があり
皮膚科を目指すことになったきっかけもニキビでした。

これまでもニキビについては何度もブログで
お伝えしていますが

ニキビ治療薬は、新しいものも色々出ていますので
改めて、ニキビの症状や病態、治療についてお話します。

ニキビの原因は?
f0215297_8592151.jpg


1.毛穴が狭くなって詰まります

古い角質が詰まり毛穴が閉塞したり
ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなると皮脂が毛穴にたまって「面ぽう」ができます。
面ぽうはできはじめのニキビです。


2.炎症が起こります

面ぽうの中で毛穴の常在菌であるアクネ菌が過剰に増えて
炎症を起こす物質を作ります。
すると炎症がおきて、赤いニキビができます。
炎症が強いと膿疱(膿がたまった状態)ができます。

3.炎症が広がります

炎症が広がり進行すると、毛穴の壁が破壊され
皮下に膿のふくろができて嚢腫となったり、硬く盛り上がって硬結となります。
ここまで進行すると凸凹したニキビ痕ができてしまうことがあります。


ニキビの治療は
1.毛穴のつまりを取り除く
2.炎症を改善させる
3.皮脂を押さえる
ということが必要になります。

今回はニキビ治療薬アゼライン酸についてお話します。

~アゼライン酸とは~
海外ではニキビ治療薬として古くから使われており
ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界80カ国でニキビ用医薬品として承認され
約30年間使用されています。

アゼライン酸は穀類や酵母に含まれており、天然由来の酸で安全性の高い成分です。
f0215297_152023.gif


~アゼライン酸のニキビに対する作用~

①毛穴の角化を正常化して毛穴づまりを解消します。

②5αリダクターゼ活性阻害作用があり、ホルモンによる皮脂の分泌を抑えます。

③アクネ菌に対する抗菌作用や、活性酸素除去作用があり
炎症のあるニキビを改善します。

④チロシナーゼ活性阻害作用によりメラニン産生を抑えることで美白作用があり
ニキビあとの色素沈着にも効果があります。

~アゼライン酸の使用方法~
・アゼライン酸は、洗顔後、化粧水や乳液で肌をととのえたあとに
 ニキビの気になる部位に塗布します。

 アゼライン酸は効果が出るまでに時間がかかるため
 まずは3ヶ月続けて使用して下さい。


・妊娠中、授乳中の方はディフェリンやトレチノインが使えないのですが
 アゼライン酸は使用可能です。

・ディフェリンや、抗生剤内服、抗菌薬(ダラシン、アクアチムなど)外用などの
 従来の治療薬と組み合わせて使用することもできます。

・アゼライン酸は、外用直後に一時的にヒリヒリしたり刺激症状が出ることがありますが
 ディフェリンやトレチノインよりは刺激が少ないことが示されています。



ニキビなどの顔の赤み、ブツブツでお悩みの方は
受診の際にご相談下さい。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2013-11-13 08:59 | ニキビ(札幌・皮膚科)
ニキビリバウンドしない肌へ APPSローション
最近、テレビのCMで見かける
「ニキビリバウンドしない肌へ」のキャッチコピー。

ニキビリバウンドしない肌

ニキビに悩む人にとって、すごく印象に残る言葉だなあと思いました。

ニキビリバウンドしない肌、とは
ニキビができにくい肌になる、ということ。

ニキビリバウンドしない肌に必要なものは
毛穴づまりを改善する
抗炎症作用がある
皮脂分泌を整える

といったところでしょうか。


では、某CMのニキビリバウンドしないという化粧品は
いったいどんな成分が入っているのか?
調べてみたところ
サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムなどの薬用成分と
アロマ成分などでした。

CMは新しいと思ったけど
化粧品の成分としては従来のニキビ用スキンケア用品とあまり変わらない内容だなあ
というのが率直な感想です。

アロマは肌にあっていれば問題ないのですが
どんな精油にもかぶれを起こすリスクはあります。

肌にいいといわれる成分でも
人によっては合わなくてかぶれてしまう、ということがあるので
使用していて、症状がよくならない、とか
かゆくなる、赤くなる、という場合は自分の肌には合っていない可能性があり
注意が必要です。

ちなみに当院でニキビ患者さんに大人気の
ニキビリバウンドしない肌へのスキンケアはAPPSローション。
f0215297_21174635.jpg

APPSとは皮膚に浸透しやすいビタミンC誘導体で
抗酸化作用や皮脂分泌抑制作用があります。
使用感が良く低刺激なので、ニキビ患者さんだけでなく
シミやアトピーの方にも人気です。

そして毛穴づまりを改善するのはピーリングジェル。
f0215297_21111274.jpg

ディフェリンは刺激が強くて使えない、という
方に人気です。

そういえば私も、ニキビで悩んでいた若かりし頃
ピーリングジェルを使い始めてから、ニキビが改善しました。



f0215297_21203738.jpg

                   ↑これはうちの猫の若かりし頃。今とあんまり変わらないかな?
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2013-07-24 13:14 | ニキビ(札幌・皮膚科)
ニキビは皮膚科へ
みなさん
「ニキビは皮膚科へ」の新しいCMを
もうご覧になりましたか?

新しいイメージキャラクターは
バナナマン。
f0215297_2227403.jpg

前のCMより
今回の方がインパクトがあって
私は好きです。

「ニキビは皮膚科へ」のうちわをいただきましたが
f0215297_2227586.jpg

毛穴から顔を出す日村ニキビが強烈ですね。

今は保険診療で、かなりニキビを改善させることが
できるようになりました。

ニキビでお悩みの方は
ぜひ、ご相談下さい。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2012-07-25 22:29 | ニキビ(札幌・皮膚科)
ニキビ ケミカルピーリング治療例      (札幌・皮膚科)
ケミカルピーリングによる尋常性ざ瘡の当院での治療例です。

ケミカルピーリングピーリング 治療前
f0215297_16435465.jpg

ケミカルピーリング 6回治療後
f0215297_16442049.jpg

ケミカルピーリングと保険診療での抗生剤の内服・外用薬を併用して治療しました。
赤みのあるニキビが減少し、頬全体の赤みが改善しています。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2012-07-12 16:45 | ニキビ(札幌・皮膚科)
大人ニキビとプラセンタ
ニキビに悩まされるのは10代だけではありません。

20代、30代、40代になってもニキビはでますよね。

大人のニキビ

①20代~30代のパソコン業務の多い多忙な仕事についている女性に多い
下顎、頚部、頬の外側に大きなニキビができる
生理前に悪化する
④月経不順がある場合、多のう胞性卵巣(POS)を合併していることがある
→ホルモン異常がある場合は婦人科での検査・治療が必要
⑤毛穴をつまらせやすい油性成分を含む化粧品の使用は原因や悪化の原因になる
 メイク道具(ファンデーションのスポンジなど)の汚れ、化粧品の使いすぎも悪化の原因に
⑧肌の乾燥が、毛穴つまりの原因になっていることがある

といった特徴があげられます。
f0215297_192748.jpg

大人の二キビの治療は、思春期のニキビと同様に
1.毛穴のつまりを改善する→ディフェリンゲル(アダパレン)の外用、ケミカルピーリング
2.炎症をおさえる→抗生剤の外用・内服、ビタミン剤の内服
といったことが必要ですが

その他に
メイクやスキンケアの見直しで改善するケースや
生理前のニキビの悪化には
プラセンタや漢方薬が有効な場合があります。


プラセンタはニキビの他にも、美肌・美白効果や
疲労回復効果があり
プラセンタ治療を受けられている方は、みなさんお肌も体調もよくなっています。

なかなか治らない大人ニキビには
治療にプラセンタも取り入れるといいと思います。








札幌市南区澄川 女性医師による小笠原クリニック澄川診療所
皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科クリニックです
医療脱毛、シミ、ニキビ、アトピー、じんましんなど肌の悩みは当院にご相談下さい。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2011-10-25 18:55 | ニキビ(札幌・皮膚科)