札幌市で女医が担当する皮膚科・美容皮膚科。アトピー、シミ、ニキビ、脱毛、レーザー治療、メディカルエステは当院へ
by sumikawabiyouhifu
カテゴリ
全体
ドクターズコスメ(札幌)
オバジ ゼオスキンヘルス札幌
医師紹介(札幌・皮膚科)
採用情報(札幌・皮膚科)
ニキビ(札幌・皮膚科)
脱毛(札幌・皮膚科)
シミ(札幌・皮膚科)
毛穴(札幌・皮膚科)
イボ・ほくろ(札幌・皮膚科)
フォトフェイシャル(札幌)
Qスイッチレーザー シミ(札幌)
肝斑レーザートーニング・札幌
ケミカルピーリング(札幌)
ボトックス(札幌・美容皮膚科)
ヒアルロン酸(札幌・皮膚科)
プラセンタ(札幌)
ピアッシング(札幌)
アトピー(札幌・皮膚科)
アレルギー(札幌・皮膚科)
栄養療法 (札幌)
漢方治療 札幌・皮膚科
お知らせ(札幌・皮膚科)
クリニックの出来事(札幌)
皮膚のトラブル解決法(札幌)
美肌入門(札幌・皮膚科)
ドクター&スタッフ日記(札幌)
スタッフ日記(札幌・食べログ)
スタッフ日記(札幌・猫ブログ)
アクセス・お問い合わせ(札幌)
すべてのページはここから
うす毛・抜け毛(札幌・皮膚科)
サプリメント
シワ・たるみ 札幌 皮膚科
スタッフ紹介・札幌美容皮膚科
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

カテゴリ:シミ(札幌・皮膚科)( 17 )
シミの治療 保険適応でできる治療
※こちらは過去の記事であり、現在はシミに対する液体窒素の治療は行っておりません。


シミの治療には色々な方法があります。

保険適応外の治療が多いのですが
一部保険適応でできるものがあります。

昔からある方法で、液体窒素による冷凍凝固療法があります。

【適応となる症状】
脂漏性角化症(盛り上がったイボのようなシミ)
老人性色素斑
軟線維腫(首のイボ)

シミの部分に液体窒素をあてて、カサブタにしてシミを取ります。
1回ではとれないことがあり、数回程度繰り返す必要があります。
(症状により回数は異なります)

但し、シミの部分を取るだけで
他の美肌効果はありません。

液体窒素によるシミの治療は、瘢痕(キズあと)や炎症後色素沈着のリスクがあるため
第一選択になることはあまりありませんが
部位や症状によっては、患者さんと相談の上で行うことがあります。

治療前
f0215297_22472147.jpg


治療2週間後:少し赤みがありますが、赤みは数カ月で目立たなくなります。
f0215297_22474036.jpg


治療6ヶ月後:赤みが落ち着いて、シミが目立たなくなっています。
f0215297_22475742.jpg

[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2012-02-25 22:50 | シミ(札幌・皮膚科)
シミの治療 トラネキサム酸イオン導入
トラネキサム酸美白・肝斑コース

シミ・肌荒れに有効なトラネキサム酸をイオントフォレーシスで浸透させます。

トラネキサム酸は、メラニン生成情報伝達物質である
プロスタグランジンの生成を阻害することでシミをうすくします。

特に肝斑(かんぱん)に効果があります。

ケミカルピーリングとあわせて行うと、より効果的です。

治療前
f0215297_11504162.gif

治療後
f0215297_11505989.gif



【適応症状】
シミ(肝斑・かんぱん)、くすみ、肌荒れ、敏感肌

【特徴】
かんぱん(シミ)、肌荒れに効果的

【向いていない症状】
濃いシミ(老人性色素斑)の場合は
他の治療との組み合わせが必要です。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2011-12-09 16:59 | シミ(札幌・皮膚科)
シミ レーザー治療 モニターキャンペーン
シミのレーザー治療を開始しました。

先着10名様限定
通常シミ1箇所10500円~21000円のところを
モニターキャンペーンの方は無料となります。
f0215297_1081356.jpg

※モニターキャンペーンの方は、治療の経過をみるため
定期的に受診していただくことが条件となります。
※シミの状態によっては、レーザー治療が向いていない場合があります。
受診の際にご相談下さい。

レーザー治療料金

シミ(老人性色素斑、脂漏性角化症) 

1箇所につき
~5mm  10500円
6~10mm  15750円
11~20mm  21000円
※21mm以上のものについては応相談

アクロコルドン、脂漏性角化症、汗管腫(4mm以下) 
 
~10個  10500円
~15個  15750円
~20個  21000円      20個以上 1個1050円

稗粒腫(ミリウム)

~10個 3675円      10個以上 1個525円


※麻酔が必要な場合は別途麻酔料金がかかります。局所麻酔料金:1575円

※レーザー治療は、症状により保険適応で出来る場合があります。
 受診の際にご相談下さい。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2011-11-30 09:04 | シミ(札幌・皮膚科)
シミの治療 レチノール療法
レチノール療法

レチノールをイオン・ソノフォレーシスで肌に与え
シミ、シワ、ニキビ、乾燥、肌荒れなどの肌トラブルを起こさない肌をつくります。

レーザーやフォトセラピーだけでは得られない
美肌効果が得られます。

レチノール
東大式トレチノイン・ハイドロキノン療法や
オバジニューダームシステムで使用されるトレチノインと同様の働きを持ち
赤み・乾燥などの肌への刺激症状を軽減したものです。

【適応症状】
シミ、シワ、たるみ、ニキビ・ニキビあと、敏感肌

治療前
f0215297_1712323.jpg

治療後
f0215297_17121436.jpg




【特徴】
①定期的に行うことで、シミやシワ、ニキビができにくい肌質になります。

②すべてのシミに対応できます。

③フォトセラピーやレーザ治療、TCAピーリングとあわせると
これらの治療効果を上げることができます。

④紫外線による肌の光老化を防ぐことができます。

【向いていない症状】
特になく、すべての肌質に対応できます。
濃いシミ(老人性色素斑)の場合は
他の治療との組み合わせが必要な場合があります。








札幌市南区澄川 小笠原クリニック澄川診療所
女性医師による皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科です。
アトピー、ニキビ、シミの治療、医療脱毛を行っています。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2011-10-17 17:13 | シミ(札幌・皮膚科)
シミの治療 ケミカルピーリング
ケミカルピーリングとは

皮膚にAHA、BHAの酸を塗布して
古い角質を取り除き肌トラブルを改善します。

【適応症状】
ニキビ、くすみ、小じわ、シミ

【特徴】
シミには、TCAという薬剤によるピーリングを行うことで
シミがうすくなります。
目立つシミをきれいにしたい、という方におすすめです。

サリチル酸や乳酸、グリコール酸によるケミカルピーリングは
肌のくすみ、加齢による肌の黄ばみや、毛穴の黒ずみを改善します。
TCAピーリングと組み合わせることで、美肌効果が得られます。

TCAピーリング治療前
f0215297_16124865.jpg

TCAピーリング治療後
f0215297_16131167.jpg



【ケミカルピーリングが向いていない症状】
肌荒れ、敏感肌

肌が荒れている場合は
トラネキサム酸やレチノールのイオン導入が向いています。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2011-10-03 16:17 | シミ(札幌・皮膚科)
シミの治療 IPL治療(フォトセラピー)   札幌・皮膚科
フォトセラピー(IPL治療)

たくさんあるシミをきれいにしたい!

フォトセラピー(IPL治療)がおすすめです。
IPLという光を照射し
シミのもとになるメラニンに反応してシミをうすくします。
シワ、肌のキメ、二キビを改善する作用もあります。

【適応症状】
老人性色素斑、かんぱん

【特徴】
シミがたくさんある場合に向いています。
シミ以外の美肌効果(シワ、毛穴改善)も得られます。

治療前
f0215297_1543554.jpg


3回治療後
f0215297_15441755.jpg



【向いていない症状】
敏感肌や肌荒れ
ニキビや湿疹のあとのシミ(炎症後色素沈着)
にはあまり適していません。

これらの症状には
ケミカルピーリングや
トラネキサム酸、レチノールのイオン導入をおすすめしています。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2011-09-24 15:58 | シミ(札幌・皮膚科)
フォトセラピー(フォトフェイシャル・IPL)  治療例 (札幌)
札幌市小笠原クリニック澄川診療所皮膚科での
フォトセラピー(IPL)によるシミの治療症例です。

治療前
f0215297_14463912.jpg

治療3回後
f0215297_14472155.jpg


こめかみ部分のシミがうすくなり目立たなくなっています
またくすみがとれて、肌にハリが出てきて、全体にきれいな肌になっています
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-12-04 17:48 | シミ(札幌・皮膚科)
夏の紫外線でダメージを受けた肌に ビタミン導入
シミ、シワ、ニキビ、赤み、乾燥・肌荒れ、アトピーといった皮膚のトラブルの多く(80%)は
紫外線が原因です。

皮膚のトラブルは「活性酸素」による皮膚へのダメージ「皮膚のビタミン不足」が原因になります。

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、皮膚に必要なビタミンがこわされてしまいます。

活性酸素とは
体の細胞は酸素からエネルギーをつくりますが、その過程で活性酸素が発生します。活性酸素は呼吸や食事といった日常生活の中でも発生しますが、体内だけでなく紫外線や喫煙、大気汚染など外からの要因によっても発生します。
活性酸素はコラーゲンをはじめ皮膚の細胞にダメージを与えるため、様々な皮膚のトラブルの原因となります。

皮膚に必要なビタミン
活性酸素によるダメージから皮膚の細胞を守り、またダメージを受けた細胞を修復するのに必要なのがビタミンです。

ビタミンA
皮膚の細胞の働きを正常化することで皮膚の健康を保ちます。ただ紫外線の影響ですぐに壊れてしまうため日常的に豊富なビタミンAを皮膚に与える必要があります。
ビタミンC
活性酸素を除去する作用をもつ物質を抗酸化物質といい、ビタミンCは代表的な抗酸化物質です。また、シミの原因となるメラニンがつくられるのを抑えたり、コラーゲン・エラスチンの生成を促す作用があります。

皮膚の健康を保つために、ビタミンはとても大切です。
特に日差しの強い夏の間は、日常生活でもかなりの紫外線の影響を受けてしまいます。

皮膚に必要なビタミンAやビタミンCを効果的に取り入れる方法として
イオン導入、超音波導入があります。

当院の美容皮膚科治療はすべてビタミンを肌にきちんと取り入れることができるように考えています。
ケミカルピーリングやIPL(フォトフェイシャル・光治療)にはビタミンCパックまたはイオン導入を組み合わせています。
f0215297_2235869.jpg


ビタミンをたっぷりと肌に届けるイオン・超音波導入のコース(⇒プライマリーコース、ベーシックコース、インテンシブコース、スペシャルビタミン導入コース)もあります。
f0215297_1453857.jpg


アトピー性皮膚炎などの慢性湿疹にはビタミンイオン導入
ニキビにはケミカルピーリングとビタミンパックまたはビタミンイオン導入
老人性色素斑などのシミ、シワの改善にはフォトセラピーとビタミンイオン導入
がおすすめです。

レーザーでシミ治療をして1度はきれいになったのに、時間がたったらまたシミがでてきた
という経験はありませんか?

いわゆるシミ取りのレーザーは、今あるシミを改善する治療としては優れていますが
シミができにくい肌質に改善するものではありません。
ビタミン導入を組み合わせて、シミができにくい肌質に改善することが必要です。

今年は札幌も暑く、紫外線の強い日が多かったと思いますが
この夏に紫外線でダメージを受けた肌をビタミン導入でリセットしませんか?
皮膚に必要なビタミンAとビタミンCを取り入れて、シミ、ニキビ、肌荒れ、アトピーを起こしにくい肌づくりをすることをおすすめします。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-09-18 17:39 | シミ(札幌・皮膚科)
肝斑(シミ)の治療
今日、札幌の人気番組のりゆきのトークDE北海道を見ていたら
「肝斑」(かんぱん)というシミの話をしていました。

以前に、このブログでも肝斑(かんぱん)というシミについて話をしたことがあります。

肝斑とは?
30代以降に発症することが多く、頬や額、ときに口唇、顎などに見られるシミで、褐色で地図状に広がってみえるのが特徴です。
症状に変動があり、日によって、また季節によってシミの濃さが変わります。
紫外線や皮膚への刺激で悪化します。

f0215297_1762286.jpg


肝斑というシミができる原因として
女性ホルモンのバランス、妊娠・出産時のホルモンの変動、経口避妊薬などの薬剤
紫外線(日焼け)
皮膚への過度の刺激などが挙げられます。

肝斑というシミはとくに両頬に左右対象にみられることが多いのですが
ちょうどメイクをするときにチークを入れる部位と一致します。
また、患者さんの洗顔の仕方を拝見させていただくと
頬から洗う方が多く、洗顔の時に一番長くこすっている(洗っている)部分は頬が多いのです。
日々のスキンケアやメイクで、慢性的に刺激が加わることもシミの大きな原因の一つと考えられます。

教科書には、肝斑というシミは30代~40代の女性に多く
50代~60代以降の閉経後には肝斑は軽減する、と書かれていますが
実際にシミ治療を行っていると、もちろんアラフォー世代に多いのですが
50代、60代の方にも、以外に多く見られます。

女性ホルモンと関係があるといわれていますが、まれに男性にも見られることもありますし
肝斑が発症する原因は、まだ完全にわかっていない部分があるのです。


肝斑の治療について
内服・外用療法といった治療が中心ですが
色素沈着が強い場合は積極的にメラニン色素を排泄するために
当院では光治療(IPL):フォトセラピーを行っています。
f0215297_17174169.jpg

いわゆる老人性色素斑といわれるシミには出力設定を強くしてメラニン色素の破壊・排泄を促しシミをうすくしていきますが
肝斑の場合は、刺激・炎症を起こさないモードに出力設定を変更して、メラニン色素の産生を抑えて
色素の排泄を促します。


フォトセラピーとトラネキサム酸のイオン導入を組み合わせるのも効果的です。


私もアラフォー世代で、まさに肝斑が出やすい年代です。
ふとした時に鏡を見ると肝斑が出始めていることがあります。

そんな時はまずトラネキサム酸の内服を開始します。
フォトセラピーは肝斑の出ている部分は肝斑モードで照射し
額・鼻・顎などその他の部分は強めに照射して、顔全体のくすみをとるようにしています。

皮膚科医として、自分の肌は常にいい状態に保つように心がけています。
自分の肌をきれいにできなければ、患者さんの肌をきれいにすることはできないし
患者さんに「スキンケアをしっかりしましょう」と話しても説得力がないと考えているからです。


肝斑はストレスで悪化する、とも言われています。
ストレスはため込まず、うまく発散するよう心がけてみて下さい。

シミがあること自体がストレスになってしまうことも多々あります。
肌の悩みは皮膚科に相談して下さい。話をするだけでも気持ちがラクになることがあります。
































札幌 小笠原クリニック澄川診療所 皮膚科
女性医師、スタッフ全員女性です。
一般皮膚科診療:アトピー、ニキビ、じんましん、水虫、小児皮膚科など。
美容皮膚科:シミ、シワ、ニキビ、アンチエイジング、プラセンタ、脱毛、フォトフェイシャル、ケミカルピーリング、トレチノイン・ハイドロキノン療法、メディカルエステ。
ドクターズコスメ:APPSローション、高濃度コエンザイムQ10エッセンス、ピーリングジェル、フラーレンエッセンスなど美肌のためのスキンケアアイテムをご紹介しています。
脱毛:レーザー脱毛の短波長に対して、アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・Nd:YAGレーザーの3つの波長(770~1100nm)がプログラミングされている医療用光脱毛機による治療です。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-09-09 12:37 | シミ(札幌・皮膚科)
シミの治療法 老人性色素斑と脂漏性角化症
シミといっても、いくつかの種類があり、シミの種類によって治療法が異なります。今回は日常よくみられるシミ「老人性色素斑」、「脂漏性角化症」についてお話します。
シミの治療はほとんどが保険適応外となりますが、一部保険適応でできるものもあります。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
30代頃から発症し、顔や四肢など紫外線の当たる部分にでるシミです。顔では中心より側面にでやすく、境界明瞭な色素斑(シミ)で、色の濃さや大きさや数は様々です。長年紫外線にあたることが原因です。
f0215297_9411290.jpg

〈治療法〉
ハイドロキノンやトレチノインなどの外用薬を使いながら、症状にあわせていろいろな治療を組み合わせます。

外用療法+フォトセラピー(+イオン導入)
フォトセラピー(IPL)メラニン色素に反応し、表皮のターンオーバーを促すことで、シミのもとになるメラニンを排泄してシミを目立たなくします。他に肌のハリやきめが改善し、肌全体の色ムラが改善し、美白効果があります。
早くシミを改善したいという方や肌質全体を改善したい方にはフォトセラピーがおすすめです。
※肝斑や炎症後色素沈着というシミが目立つ場合はフォトセラピーがすぐにできない場合があります。

外用療法+ケミカルピーリング(+イオン導入)
ケミカルピーリングにより古い角質を取り除くことで肌全体のくすみがとれ、美白剤の浸透がよくなることで少しずつシミをうすくします。毛穴も気になる、という方におすすめです。

外用療法+イオン導入(+超音波導入)
イオン・超音波導入でビタミンC、ビタミンAやトラネキサム酸などの美白成分を肌に浸透させます。ハイドロキノンなどの美白剤の外用と併用してシミを少しずつうすくしていきます。継続することでシミ・シワの予防効果があります。リラックスして治療を受けたい方におすすめです。

外用療法
ハイドロキノン:シミのもとになるメラニン色素ができるのを抑制してシミをうすくします。
トレチノイン:表皮のターンオーバを促すことで表皮内に蓄積したメラニン色素を排泄してシミをうすくします。
手軽に治療を受けたい、時間がかかってもゆっくり治したい、という方におすすめです。

液体窒素による凍結療法
液体窒素(ドライアイス)をシミの部分にあてて、シミの部分の皮膚を壊死させて(カサブタにして)除去する方法です。
(保険適応です)

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
厚みがある盛り上がったシミで、顔や四肢など紫外線の当たる部分にでます。
f0215297_2381083.jpg

〈治療法〉
炭酸ガスレーザーでシミの部分の組織を蒸散させたり、液体窒素でシミの部分を壊死させる方法があります。(保険適応です。)


シミにはいろいろな治療法がありますが、シミの治療には時間がかかることがあります。
1人のひとにみられるシミは1種類だけでなく、いくつかのタイプが混ざっている場合が多いのですが、前にお話しした肝斑があると、すぐにIPLやレーザー治療ができない場合があります。
また、シミ治療でレーザーなどを行った後は炎症後色素沈着という別のシミができることがあるので、その予防のために、日焼け止めを使いしっかり紫外線対策をすることが必要です。一定期間ハイドロキノンなどの外用剤を使うこともあります。
シミを改善するには、病院での治療だけでなく、自宅でのケアも大切です。











札幌市 小笠原クリニック澄川診療所 皮膚科
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2010-06-01 19:31 | シミ(札幌・皮膚科)