札幌市で女医が担当する皮膚科・美容皮膚科。アトピー、シミ、ニキビ、脱毛、レーザー治療、メディカルエステは当院へ
by sumikawabiyouhifu
カテゴリ
全体
ドクターズコスメ(札幌)
オバジ ゼオスキンヘルス札幌
医師紹介(札幌・皮膚科)
採用情報(札幌・皮膚科)
ニキビ(札幌・皮膚科)
脱毛(札幌・皮膚科)
シミ(札幌・皮膚科)
毛穴(札幌・皮膚科)
イボ・ほくろ(札幌・皮膚科)
フォトフェイシャル(札幌)
Qスイッチレーザー シミ(札幌)
肝斑レーザートーニング・札幌
ケミカルピーリング(札幌)
ボトックス(札幌・美容皮膚科)
ヒアルロン酸(札幌・皮膚科)
プラセンタ(札幌)
ピアッシング(札幌)
アトピー(札幌・皮膚科)
アレルギー(札幌・皮膚科)
栄養療法 (札幌)
漢方治療 札幌・皮膚科
お知らせ(札幌・皮膚科)
クリニックの出来事(札幌)
皮膚のトラブル解決法(札幌)
美肌入門(札幌・皮膚科)
ドクター&スタッフ日記(札幌)
スタッフ日記(札幌・食べログ)
スタッフ日記(札幌・猫ブログ)
アクセス・お問い合わせ(札幌)
すべてのページはここから
うす毛・抜け毛(札幌・皮膚科)
サプリメント
シワ・たるみ 札幌 皮膚科
スタッフ紹介・札幌美容皮膚科
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

石鹸・シャンプーの選び方  皮膚のアレルギー
水曜日の夜は、札幌はすごい雨でしたね。
私はぐっすり眠ってしまう方なので
大雨や雷の音でも、目が覚めることはまずないのですが

夜中に携帯の緊急警報が何度も鳴ったので
さすがに目が覚めてしまいました。

ああいう音が何度もなると
当直をしている気分になります。
(澄川で仕事をするようになってから、もう当直はしていませんけど)

音が鳴るたびに
「患者さん、来た??」とドキドキしてしまいます。
職業病ですね。


さて、今日はシャンプー・石鹸について、です。

頭がいつも痒い、ガサガサしている
生え際や額が赤い、痒い、カサカサしている
耳のうしろが痒い
f0215297_21241998.jpg

そんな症状がなかなかよくならない、という人は
今使っているシャンプーや石鹸で、アレルギーによる
かぶれを起こしているかもしれません。


✿石鹸やシャンプーによるかぶれの症状✿
顔、特に額や生え際、耳の後ろ、首から顎にかけてかゆみ、赤み、カサツキがある。
アトピーで、背中の上半分、胸、腕や手に症状が強い。
という場合は、シャンプーなど洗浄料にかぶれている可能性があります。


✿対策✿
かぶれが疑われる場合は、現在使用中の製品を中止します。
症状がよくなったからと、また同じものを使うと再発します。
かぶれにくい石鹸・シャンプーに替えましょう。


✿かぶれにくい石鹸やシャンプー選びのポイント✿
①アレルギーを起こしやすい成分が含まれていないものを選びましょう。
※ラウリル硫酸ナトリウム、パラベン、など。
②無香料・無着色のものを選びましょう。
③成分表示を確認してみましょう。
含有成分が少ない方が、かぶれや肌トラブルの原因が少なくなります。


シャンプーのボトルや箱の裏面の成分表示を見てみると

例えば、どこのスーパーやドラッグストアにも置いてある
市販の某有名メーカーのシャンプーの成分は

グリチルリチン酸ジカリウム、水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液、ラウレス硫酸Na、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、POEステアリルエーテル、エタノール、グリセリンモノイソデシルエーテル、ジステアリン酸グリコール、PPG、ユーカリエキス、カモミラエキス-1、DL-リンゴ酸、POE(3)ラウリルエーテル、POE(4)ラウリルエーテル、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、ヤシ油脂肪酸エタノールアミド、ラウリン酸、BG、水酸化カリウム液(A)、水酸化ナトリウム液、安息香酸塩、エデト酸塩、青1、黄4、香料

という具合です。
ずいぶんとたくさんの成分が配合されているのがわかります。


では、皮膚科クリニックでよく紹介される某有名メーカーの
低刺激シャンプーの成分はどうでしょう?

水、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、BG、ココイルメチルタウリンMg、クエン酸、テトラステアリン酸PEG-150ペンタエリスリチル、ペンテト酸5Na、ポリクオタニウム-10、塩化Na、PEG-32、ポリクオタニウム-52、フェノキシエタノール、メチルパラベン

市販の一般向け製品よりは、配合成分が少ないのがわかります。

でも本当に敏感肌だとこれでも
かぶれることもあります。


もっとシンプルな製品だと、こんな製品もあります。

某メーカーの無添加のシャンプー  
水、カリ石ケン素地


シャンプーだけでなく、化粧品類もそうですが
毎日使用して肌に触れるものは
あまりにもたくさんの成分が配合されているものは、あまりおすすめできません。
具体的にどの成分が自分に合うか、合わないかを判断するのはちょっと難しい
ですが、配合成分の数が多いか・少ないか、ということも一つの目安になります。


但し、含有成分が少ない低刺激の石鹸・シャンプーは
髪がきしむ、泡立ちが悪い、など使用感がよくない製品もあります。

成分表示を確認して、サンプルがあれば試してみて
自分の肌にあった使いやすい製品を選びましょう。

「無添加」が全ていいとは限らず、何が「無添加」なのか?
をよく注意してみることが必要です。

天然成分でもかぶれることがあり、必ずしも肌にいいとは限りません。

アロマなどは、好きな香りだと使っていて楽しいし
リラックス効果が得られたり、メリットもありますが
ある人にとっては何でもなくても、別の人ではかぶれたりします。

全ての人にとって100%安全な成分、というものはありません。
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2014-09-12 14:12 | アレルギー(札幌・皮膚科)
<< 連休 ライムライトの照射方法 >>