札幌市で女医が担当する皮膚科・美容皮膚科。アトピー、シミ、ニキビ、脱毛、レーザー治療、メディカルエステは当院へ
by sumikawabiyouhifu
カテゴリ
全体
ドクターズコスメ(札幌)
オバジ ゼオスキンヘルス札幌
医師紹介(札幌・皮膚科)
採用情報(札幌・皮膚科)
ニキビ(札幌・皮膚科)
脱毛(札幌・皮膚科)
シミ(札幌・皮膚科)
毛穴(札幌・皮膚科)
イボ・ほくろ(札幌・皮膚科)
フォトフェイシャル(札幌)
Qスイッチレーザー シミ(札幌)
肝斑レーザートーニング・札幌
ケミカルピーリング(札幌)
ボトックス(札幌・美容皮膚科)
ヒアルロン酸(札幌・皮膚科)
プラセンタ(札幌)
ピアッシング(札幌)
アトピー(札幌・皮膚科)
アレルギー(札幌・皮膚科)
栄養療法 (札幌)
漢方治療 札幌・皮膚科
お知らせ(札幌・皮膚科)
クリニックの出来事(札幌)
皮膚のトラブル解決法(札幌)
美肌入門(札幌・皮膚科)
ドクター&スタッフ日記(札幌)
スタッフ日記(札幌・食べログ)
スタッフ日記(札幌・猫ブログ)
アクセス・お問い合わせ(札幌)
すべてのページはここから
うす毛・抜け毛(札幌・皮膚科)
サプリメント
シワ・たるみ 札幌 皮膚科
スタッフ紹介・札幌美容皮膚科
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

慢性食物アレルギー(遅延型フードアレルギー)
遅延型フードアレルギーの検査をはじめました。

食物アレルギーには急性アレルギー慢性のアレルギーがあります。

急性のアレルギーは原因食物を摂取後、比較的すぐに症状があらわれるため
原因がわかりやすいのですが
慢性の食物アレルギーは、原因食物を摂取後、症状が出るまでに数日かかるため
わかりにくく、気づかないうちに、慢性のアトピーやニキビ、湿疹、頭痛、肩こり
慢性疲労といった体の不調を引き起こします。

慢性のアレルギーは、気づかないうちに、慢性的に体内で炎症が持続するため
体の不調といった症状がすすみ、老化を早める原因にもなります。


タイプⅠ (即時型反応)急性アレルギー

IgE抗体の介在によるものであり、通常はアレルギーの原因との接触後ただちに発症します。

特定のアレルゲンに反応した高レベルのIgE抗体により重篤なアレルギー反応が引き起こされます。喉の腫れ(呼吸困難)、じんましん、膨満感、胃痛・腹痛、喘息、突発性の下痢等の症状が
起こります。

例えば、卵や魚をたべたらかゆくなる、発疹が出る
エビをたべたらかゆくなって息苦しくなった、という症状は
IgEを介する1型のアレルギー反応になります。

Ⅰ型アレルギーは、血液検査でIgE抗体価を調べるとわかります(保険適応です)


タイプⅡ (遅延型反応)慢性アレルギー

遅延型タイプの反応はあまり目立たず、アレルギーの原因との接触後数時間から数日経って
初めて反応が出ることから、原因の特定が困難です。
遅延型反応は、多くの場合、食物アレルゲンに対する過敏性からきています。

このタイプは「隠れアレルギー」と呼ばれます。
慢性疲労、関節炎、じんましん、湿疹、頭痛、水分貯留、過敏性腸症候群
その他、多くの慢性症状がIgG抗体の介在によるアレルギー反応であることに
気づかれないまま放置されています。


食物アレルギーが発症する原因
偏った食生活や不適切な食生活、ストレス、遺伝性素因、感染と炎症
化学物質、薬物、環境汚染物質と毒素等は、すべてアレルギー発生の要因となる可能性があります。

こうした要因が消化や消化管および肺の防衛機能を弱めることにより
アレルゲンが免疫システムを攻撃しやすくなっているという研究結果があります。

慢性の食物アレルギーの症状

外皮系
アトピー性皮膚炎、にきび、ふけ、じんましん、ドライスキン、皮膚の蒼白、目の下のくま

慢性のなおりにくいアトピー性皮膚炎やニキビ、じんましんなど肌のトラブルは
食物アレルギーが原因となっている場合があります。

消化器官
腹部のけいれん、腹痛、口臭、げっぷ、食後の膨満感、鼓腸、吐き気、口蓋後部のかゆみ、嘔吐

神経システム
不安神経症、錯乱、憂鬱、小児の注意欠陥、多動性障害、集中力不足
攻撃的行動、過敏症、情動不安定

筋骨格系
関節炎、関節痛、筋肉痛、だるさ

泌尿生殖器系
夜尿症、頻尿、尿意切迫、膣のかゆみ、おりもの、月経前症候群

呼吸器系
ぜん息、胸部不快、慢性咳、咽頭炎、鼻水、慢性副鼻腔炎

循環系
胸痛、不整脈、高血圧、頻脈


その他
過食、慢性疲労、目まい、頭痛、不眠、吐気、むくみ、急激な体重変動、肥満、歯ぎしり



~検査方法~
慢性食物アレルギー(遅延型フードアレルギー)では
食物に対するIgG抗体価を血液検査で調べます。

検査結果がでるまでに約4週間程度かかります。

検査は保険適応外(自由診療)となります。


原因不明の皮膚のトラブルや、慢性疲労、原因不明の体調不良は
慢性の食物アレルギーの可能性があります。

そして、毎日好んで食べているものや
体によいと思って日常的によく食べているものが
慢性アレルギーの原因となっている場合があります。

検査で、自分にあっていない食べものを知り
食生活を見直すことで、体調が改善されることがあります。

気になる症状がある方は、一度ご相談下さい。


・札幌 美容皮膚科 看護師募集中です。詳しくはこちら

遅延型アレルギーや食物アレルギーについては新しいブログにも記載しています。
札幌 小笠原クリニック澄川美容皮膚科女医のブログ
[PR]
by sumikawabiyouhifu | 2013-09-10 16:29 | アレルギー(札幌・皮膚科)
<< 毛穴の治療 グリシルグリシン ... フォトセラピー シミ治療  札... >>